水で絵を描くカストーディアルアート♡ディズニーで見れたらラッキー!

スポンサーリンク

ディズニーランド、ディズニーシーで見られるカストーディアルアートをご存知でしょうか?
見れたらラッキー!なカストーディアルアートについてご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

akachappさん(@akachapp)がシェアした投稿

カストーディアルアートって何??

ディズニーランド(TDL)、ディズニーシー(TDC)にはカストーディアルキャストというパーク内外の清掃をするキャストさんがいます。
このキャストさんがお掃除用のトイブルーム(ほうき)と水を使って描くのがカストーディアルアートです。
カストーディアルキャストさんは、お掃除だけでなく頼まれたら写真撮影や道案内などもしてくれます。
お掃除中に、「何を拾っているのですか?」と声をかけると「夢のカケラです。」とお返事が返ってくることもあるそうです。
さすが夢の国!!♡

カストーディアルキャストみんなが描けるの?

では、パーク内にいるカストーディアルキャストみんながアートができるの?といえばそうでもないようです。
熟練のキャストさんのみが描けるそうで、これはますます見てみたいですよね!

カストーディアルアートはいつ?どこで?見れるの?

カストーディアルアート、ぜひ間近でみてみたいですよね。
では、いつ、どこに描けるキャストさんが現れるのか?
残念ながら、それはわからないようです。
雨上がりに水たまりの水を使って描いてくれたり、晴れている日でもバケツに水を汲んで描いてくれることも。
滅多にお会いできないので会えたらとてもラッキー!なようです。
また、気温が高い日は描いたそばからぐんぐん水が蒸発してアートがあっという間に消えてしまうのだとか。
ますます見てみたくなりますよね!!
パーク内で運がよければお会いできるかもしれません♫
出会った際にはぜひ記念に写真を撮るといいかもしれません。

お花や葉っぱで描いたキャストーディアルアートも

カストーディアルアートですが、何やら水だけではなくお花や葉っぱを用いて描かれているのもあるようです。
色鮮やかで、とっても綺麗ですね。
こんな感じでアートを探すのもパークを楽しめる一つになりそうですね♡

何やら、上海のディズニーランドのカストーディアルアートはお花を用いたものが多いようです。
日本のディズニーとまた違うアートが見られるのも、海外ディズニーの楽しみの一つになりそうですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

M˙˚°☆さん(@mm_330o)がシェアした投稿

日本のディズニー!ちなみに、こちらはほうきではなくミストファンで描かれていたのだとか♡

香港のディズニーランドはコーヒーアート!?

リアルに描かれたカストーディアルアート。なんと!香港のディズニーランドではコーヒーで描かれているのだとか!
水では表現できないリアルさがありクオリティに脱帽です。

次の日のは消えてしまうそうなので、その日のうちに楽しまなきゃですね!

カストーディアルアートには、期間限定アートも!

ディズニーシーの15周年には、ディズニーシーでしか見られない限定のアートもあったそうです。
15周年の衣装、クリスタルウィッシュジャーニーの衣装を身につけたキャラクター達が描かれていたのだとか。
この15周年記念の限定アートはもう終わってしまったのですが、今後も何かのイベントで限定でアートが見られる可能性もありますよね!
今後に期待です♡

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

虎太さん(@mikanchan1211)がシェアした投稿

いかがでしたでしょうか?ほうきと水で描かれるカストーディアルアート。
時間が経つと消えてしまうのと、なかなか出会えないのがまた魅力ですよね。
いつ出会えるかは運次第!
ぜひパークでカストーディアルアートを探して見てください♫

スポンサーリンク