ストライダーはよくない?ストライダーから補助輪なしで自転車に乗れる!?うちの息子が乗れるようになるまで

スポンサーリンク

友人
うちの子、ストライダーで遊んでたら4歳で簡単に自転車に乗れるようになったんだよね〜
ん?補助輪つけてでしょ??
友人
NONO〜!バランス感覚が鍛えられるみたいで特に教えてもいないのに自転車買ってあげたら乗りこなせてたの。だから補助輪もいらなかったよ!
は!なにそれすごくない!?うちの子も大きくなったら買ってあげよう♫

いま子供達に人気のストライダーをご存知でしょうか?ストライダー(STRIDER)とは、子供用のランニングバイクでペダルが無い二輪車です。私がストライダーを知ったのは、まだ息子が赤ちゃんの時に先輩ママに教えてもらったからでした。
あまり運動神経が良く無いうちの息子が本当に乗れるようになるのか心配でしたが、ストライダーを買ってあげることに。すると、友人の子供と同じく4歳で補助輪なし自転車にすんなり乗れるようになったのです!!息子が乗れるようになるまでのことをまとめてみました。

まずは三輪車からスタート

まず、初めに息子に買ってあげたのがこちらのタイプの三輪車でした。
1歳の誕生日にプレゼントしました。
乗って遊び始めたのは1才半〜2歳くらいだったと思います。

 

 

次に買ったのが二輪車

息子が3歳ちかくなった時に、こちらを購入しました。
楽天で購入したのですが、お値段がとにかく安い!そしてブレーキ付き!
ストライダーはお値段が結構するので購入するのを躊躇していました。
とりあえず、手頃だしこの『ストライダー風の二輪車』から初めてみよう!と購入。

 

 

実際、気に入ってお休みの日は公園で遊んだりしていました。
ただ、やはり運動神経があまり良く無い息子。体幹もなく、ふにゃふにゃであまり上手に乗れず・・・
そしてブレーキの部分がうまく効かなくなり、直すのが面倒で放置。
そうこうしているうちに冬になり雪が降り、この二輪車はお蔵入りとなってしまいました。

ストライダーにブレーキは必要?

ストライダーにはブレーキがついていません。ストライダーのHPには、1歳半〜3歳くらいの幼児は握力がなくまだうまくブレーキを握れないから非常に難しい動作であること。足でしっかり止まれるようにブレーキ装置はつけていないと表記してあります。
実際うちの息子も『ストライダー風の二輪車』のブレーキ機能は使いこなせませんでした。手も小さく握力もないのでブレーキが握れないのです。そして、ブレーキの意味すらイマイチわかっていないような感じでしたね。なので、せっかくブレーキ付きを購入しましたが、3歳の息子にはあまり意味がないようでした。

ストライダー14x『ペダルをつけられる14インチストライダー』を購入

春になり、お外で遊ぶ機会が増えてきてお蔵入りしていた二輪車を出すことに。
その時息子は4歳になっていたのですが、なんだか二輪車が小さくみえます。対象年齢は5歳まででしたがなんだか乗りにくそう・・・。
そう思いながらネットを見ていたら『ストライダー14x』というものを発見!
対象年齢は3歳半〜7歳までで、ブレーキもついているしペダルもつけられて自転車になるとのこと。え!これ、すごくいいじゃん!
今の息子にぴったりだと思い、奮発して思い切って購入しました。

 

 

 まずはペダルなしからスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

弘重蒼史さん(@aoshi.days)がシェアした投稿


このように、初めはペダルを外した状態からスタートしました。
土日など、晴れている日はとにかく乗って遊んでいましたね。
ペダルなしの状態で遊び始めて3ヶ月くらい経つと、どんどん走るスピードが早くなり、助走をつけて両足を真ん中の足を置くスペース?に置いてスイスイ〜と走ったりしていました。私が走っても追いつけないくらいのスピードで走っていましたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akira Matsumotoさん(@akira8143)がシェアした投稿


ペダルなしで3ヶ月、スムーズに走れるようになったのでついにペダルを取り付けることに!
取り付けてみると、やはりまだ上手く乗れないのと二輪走行していたのでペダルが邪魔で苛立っていました。『もうやだ!ペダル取りたい!』と大泣き。
ペダルをつけて1週間ほどでまた外すハメに・・・

広い駐車場で練習開始!

せっかくつけたペダルを外し、また二輪走行を始めて2週間くらいがたったころ・・・

息子
俺、またペダルつけたい!ペダル付けて走るの!
え!また外すとか言わない?何回も付けたり外したりするの面倒だし、次は外したいって言っても外さないよ?いいの?
息子
いいよ!だってYouTubeで乗ってるのみて俺やってみたくなったんだもん!だから早く付けてよママ!!
と、突然やる気になった息子。仕方なくペダルをまたつけることに。YouTubeの力はスゴイ・・・。
うちは田舎なので近所にほとんど車がくることがない広い駐車場があるので、そこで練習をすることに。
ストライダーの後ろを持って一緒に助走をつけて走り、ソレ〜!っと離すとそのまま漕いで行きました。スゴイ!転ばないで乗れている〜!
けど、踏み込む力がなく途中から減速し足をつけてストップしてしまう・・・。最初は、踏み出す力や踏み込む力がなく苦戦していました。
とにかく脚に力を入れてこいでこいでー!!と私も叫ぶ。
そんな感じで練習しているうちにコツを掴んだのか半日ほどでスイスイと乗れるように!
次の日も乗ってみると、もう完璧に乗りこなしているじゃありませんか!
そんな感じであっという間に自転車に乗れるようになったのです。

ちなみに、友達の息子はとってもリーズナブルな『ストライダー風』の二輪車で遊び4歳になって普通の自転車を購入したところ補助輪なしですんなり乗れたそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
運動神経があまり良くない息子でも簡単に自転車に乗ることができました。
これは本当にストライダーで遊んでいたお陰で、私は買ってよかったと思っています。
ポイントは、とにかく時間があればお外でストライダーに乗る!ということ。
乗ったら乗った分、感覚をつかみ乗りこなせるようになったと思います。
最初は三輪車、4歳ごろにストライダー14x、のコースが乗りこなせるまでにいいのかな?といった感じでした。ぜひ、迷っている方はお試しください♫

スポンサーリンク